2008年05月12日

爽やかカラーのバッグとキャスケット

ショルダーバッグ第2弾。
大好きなミントグリーンで編みました。

CIMG5492.JPG

好きな色の糸がカタチになっていくのが楽しくって
調子に乗ってキャスケットまでいっきに編んでしまった。

小さい頃からどういうわけか緑色の雑貨に弱い私。

カーテンやらダイニングチェア、
ベットカバーに、玄関マットなど
インテリアはもちろん緑系。
車もミドリ。自転車もミドリ。
昔住んでたアパートは意図したわけではないけど
グリーンハウスという名だったし。

当然のことながら音松くん(ふっ古いっ!!)では
緑松@香取慎吾がスキ。
当時はよくマネしてエコロジー!!って叫んでたっけ…

そういえばロバート馬場も一時期
気になって気になって仕方なかった。

ここまでくると、もう病気としか思えない。
恐るべし、視覚効果です。

そんなわけで、衝動買いする毛糸もけっこう緑色が多いのです。

この糸も、一目惚れの衝動買いでポチっとやってしまい、
何を編むかずーっと迷っていたのですが
ショルダーバッグとキャスケットに無事、カタチを変えました。

しかし、バッグはともかく
キャスケットはやっぱりお花モチーフつけた分
アマアマな雰囲気になってしまいますねぇ。。。

困った。
かわいらしすぎて、自分で使えないモノをまたつくってしまった。

出来る前になぜ気がつかないかなー、と
アイロン当てながらしみじみ、思いました。。。

使用した糸


毛糸ピエロ♪ シンプルコットン1袋=10玉入り
アクアミント 税込980円


参考にした本はこちら。



ナチュラル素材で編む大好きな雑貨
雄鶏社 B5変形48ページ 714円



実は、前回アップしたショルダーバッグも
この本を見て編んだのですが、
編み図をろくろくみないで思い込みで編んだため模様が違ってたりします。
並べると一目瞭然。
同じ本を見て作ったとは思えないくらい違いまーす。

CIMG5484.JPG   CIMG5490.JPG

ここまで違うと、もう笑うしかありません!
ホントにもー、どんだけ適当にしか
本を見ないのか、腹が痛いほど笑いながら思いました。

間違った思い込みでラストまで突っ走る
悪い癖がニットにまで出ちゃうとはなー。。

自戒を込めて
2作品並べて画像アップします。

(でも追記にアップするところが微妙に姑息^^;)
この記事へのコメント
オッ!
いつの間に!!!
乗ってますな〜♪
思い込みで最後まで編んで、帳尻があってしまう、それはある種の才能です!!!
 スッゴクわかる〜!モチーフつけたものの、ちょっと外には・・・っていうわけでしょう? 
 案外、モチーフの付いたものを身に付けている人がいるので驚きました。そうは言っても・・・ね。
 編み目がわからない画像とはっきり写っているものとを並べたところが絶妙ですな!
 おいおい、ロバート馬場ときましたか〜。そこまでくると、「ミドリズキ」を超えた世界では???
 
Posted by たったかはうす at 2008年05月13日 20:54
えへへ。。。
編み目わからない画像のせて姑息ですよね^^:。
実はコレ、近くでみても模様はっきりしなくって
おっかしいなあ?と思ってやっと気がついた次第です。どんくさい話です。

ロバート馬場、自分でも最初、なんでこんなに気になるんだろうって思いました。
Posted by Mucch at 2008年05月14日 12:35
突然ですが、コミュニケーションサイトを運営しております。
p-netbanking と申します。当サイトでは、
「人気ブログをランキング」を重要なテーマとし、
ブロガーの方々の、コミュニケーションの場を提供すると同時に、
どなたでも無料で参加でき、よりエンターテイメントに、
気軽に立ち寄れるサイトを目指し、日々、努力をしています。
貴ブログ様のご登録の御願いにコメント欄を
お借りしてご案内をいたしました。
是非とも、貴ブログのご登録、及び、
ランキング参加を御願いできれば幸いです。
こちらのサイトです。
http://www.p-netbanking.jp
検索バー横にブログ登録フォームがあります。
また、検索サイト・ランキングサイト等より訪問しております。
重複してご案内になりましたらお詫び申し上げます。
なお、全く興味のない方は、削除してください。
失礼いたします。
Posted by magazinn55 at 2008年05月14日 15:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。