2008年09月04日

カップDEカバー

ヨーグルトのカップにカバーを編むのは
なかばライフワーク(?)となっている私。

今回のカバーは、十勝ヨーグルトのカップです。

CIMG7344.JPG

十勝ヨーグルトのカップは
まあるくコロンとしたフォルムがかわいらしくて
ついつい、
洗ってしまうとプラスチックゴミに出す手が止まってしまいます。

今回は上から覗いてもプラスチック素材が
見えないように編みくるむタイプでカバーをつくりました。

こんなケチ、いえいえエコグッズでも
作り方を知りたい、といってくださる奇特な方がいらしたので
ここで制作過程をちょっとご紹介させていただきますね。

〜用意するもの〜

CIMG7332.JPG

ヨーグルトカップ、3号のかぎ針
中細の糸(私はピエロさんのキラキラ★サマーを使用)


作り目6目で、カップの底のサイズに合わせて円を編みます。
キラキラ★サマーで8段(48目)くらいです。
側面は、すじ編みで1段立ち上がり、中長編みで
ぐるぐる編んでいきます。

単に早く編みたかったので中編みにしました。
細編みのほうがホントはキレイだと思いマス。

CIMG7323.JPG

カップの口のほうまで編んだら、6目くらい減らし目をして
またぐるぐる編み、カップより1.5倍ほど高く側面を編みます。
私は48目の段を7段、42目の段を6段ほど編みました。

CIMG7330.JPG

カバーのなかにカップを入れたら
余分に編んだ側面をカップの内側に折りこんでいきます。

CIMG7331.JPG

形を整えて、いっちょあがり!
制作時間はだいたいひとつ30分です。
KAT-TUNのDVDを観ながらじゃなかったらもう少し早くできるかもしれません。
(集中してつくれよ、私)

CIMG7333.JPG

あとはお花モチーフをつけたり、
ボタンやらリボンをつけて無駄に可愛らしくすると
もとがヨーグルトカップだったことを段々忘れてきます。

カップのフチをくるむことで、嫌なプラスチックが
上から覗いても見えなくなるし
ぽってりとした丸いフォルムが活かされてくるので
最近のお気に入りです♪

>私信 Nちゃんへ
こんなザックリとした作り方ではわからん!
という場合は電話ください。
また余計な話ばっかして、肝心のこと話さずに終わるかもしれないけど。。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
♪ランキング参加してます♪


ハンドメイド雑貨のランキングがじんわり揺れるハート
上がってきてくれてとっても嬉しい私です。
目標の50位内にランクインできて嬉しいです。

ポチッとしてくださった方、本当にありがとうございます。
とても感謝しております。

この状態を維持できますよう
ますますハンドメイド熱を高めていきたいと思いマス。










ラベル:ヨーグルト
posted by mucch at 15:05| Comment(9) | TrackBack(0) | かぎ針作品_小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。